Top / here

子ども体験活動

あらゆる機会を、子どもの自由な意思表明や表現の場として生かした体験活動を推進します。
青少年の居場所作りとして、子ども自身が企画から実施までを全うする事業を実施します。

文化活動

honeybeeline

五感全開で体験しよう!楽しもう!

ミニいちかわ

子どもがつくるまち「ミニいちかわ」

子どもたちがあそびのまちを作り、市民としてそこで生活することを体験します。
子どもたちは、好きな仕事を選び、働いて対価として地域通貨を得て自由に使うことができます。
面白さを追求しながら、主体性と創造していく行為により、達成感や自己肯定感を持つことを目指します。
また、異年齢の子ども同士や多くのスタッフと交流することで、子どもたちのコミュニケーション力を育みます。
企画から運営までを中・高生が主体となり、青年、大人とともに創り上げる子ども参画を実施します。

おやこキャンプ

おやこキャンプ

日常生活とは違う環境の中、3日間寝食を共にすることで、気持ちが開放され、新しい発見、新しい体験がたくさんできます。
普段とは違う集団の中での我が子の姿や、自分自身の再発見!
そして、なにより、人と人との関わりの大切さを大人も子どもも実感します。
キャンプは自然体験と異年齢交流の大事な場。
毎年、子ども実行委員が主体となって話し合いを重ね、企画を立てますが、参加者もお客様ではありません!
参加者全員で協力しあって、キャンプを創り上げます。

高学年キャンプ

高学年以上の子ども企画キャンプ

中学生以上でつくる実行委員会では、日程、テーマ、企画、安全に過ごすために・・・など、とことん話し合います。
また、参加者全員で作り上げるキャンプにするため、サークルや班ごとに企画を担当し、事前に顔を合わせて話し合い、企画を立てて準備します。
当日は、班を大切に行動し、年下の子への気配りを忘れません。
それは、自分がしてもらったこと、経験したことだから、自然に伝えられるのです。

中高青年

中学生以上青年までの活動

各地区の中学生サークル、16歳~18歳サークル、青年サークルでは、キャンプ、お泊り会、クリスマス会、ボーリング大会、スケート、ナイトハイクなど、異年齢での交流を通して、お互いに信頼できる仲間へと成長していきます。
子ども企画の実行委員会では、時にぶつかりながらも相手を尊重しながらしっかり自分を主張できるような関係を育んでいきます。

くさぶえ

市川浦安青春交流会

市川3地区と浦安の新中1~青年までの子どもたちが、合同で2泊3日を一緒に過ごします。
毎年、佐倉草ぶえの丘で開催しているので、通称草ぶえと呼ばれています。
企画から運営まで、実行委員が中心になって行います。

あそびの会

あそびの会

あそびの中で「わくわく」「どきどき」することは、子どもの心の成長に欠かせないものです。
あそびの会では、異年齢やたくさんの人と遊ぶことを通じて、あそびが広がっていきます。
大人もさまざまな子どもと接することで、気づくこと、学ぶことが多くありますね!

まつり

おやこまつり

あそぶことで、子どもが成長することを実感できるのが、子ども実行委員を中心に企画、運営する「まつり」です。
楽しいことに向けて準備していくわくわく感、いろいろな年齢の人と協力していくためのコミュニケーション、あそびづくしエネルギーを出しつくした満足感・・・子どもの成長には欠かせません。
お友だちや地域の子どもの参加も増え、「まつり」の楽しさ、良さが伝わっています。

絵本の世界

広がれ!子どもと絵本の世界

子どもゆめ基金助成事業
市内の子どもたちとその親を対象に、絵本が大好きなさまざまな分野のスペシャリストたちが、絵本をとことん楽しむ体験を提供します。
また、市内の子どもと共に読書活動を展開している団体が交流しあうことで、広く子どもたちへの読書活動の推進を図っています。
メディアによる商業ベースの情報に囲まれ、習い事、部活動、塾など、決まったスケジュールをこなす子どもたちが多い中、さまざまなジャンルの本に触れる機会は、多様な価値観や自分発見の礎になるでしょう。
さらに本を通して、さまざまな専門家に出会うことで、人とのつながりを面白がり、豊かな世界を楽しむきっかけとなります。
本を窓口にさまざまな文化活動を、大人も子どもも一緒になって体験し、共感したり感動したりする中で、自己肯定感を育む機会となっています。

戻る